グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学科紹介

ホーム  > 微生物処理工学研究室

微生物処理工学研究室

研究室構成員(令和元年度)

   教員  齋藤利晃(教授)
   院生  神林慶太(修士2年)
   学部生 4年生14名,3年生12名

最近の研究室活動

令和元年8月7日 髙橋啓太君,第56回下水道研究発表会にて発表

 平成31年3月に博士前期課程を修了した髙橋啓太君(現:土木研究所勤務)が,研究発表を行いました。
 『ポリリン酸蓄積細菌とアンモニア酸化細菌の共存下における亜酸化窒素の生成特性』

 嫌気好気法で運転されている生物反応槽から排出される亜酸化窒素(N2O)は,循環法などの窒素除去プロセスよりも多いことが知られています。その原因として,ポリリン酸蓄積細菌が寄与している可能性を示したもので,共存するアンモニア酸化細菌が生産した亜硝酸を利用してポリリン酸蓄積細菌が亜酸化窒素を生成していることを証明し,さらにポリリン酸蓄積細菌の寄与が大きい環境条件を明らかにした研究成果の発表です。

令和元年8月3-4日 オープンキャンパス出展

 高校生に,土木工学の幅広さを伝えるべく,下水処理に関する出展を行いました。
 手前は活性汚泥を模擬した生物反応槽,右横にはクロレラをその場で観察できるように顕微鏡を設置し,亜酸化窒素の生成抑制に関するパネルを用いて研究内容の説明を行いました。
 ブースを訪ねてくれた生徒さんが土木工学科に進学し,数年後に卒業研究生として入って来てくれるとことを期待しています。

令和元年6月26日・7月10日 三水コンサルタント様による第二回&第三回技術士一次試験講座

 第1回の適性講座に続き,専門試験対策が始まりました。
  6月26日第2回講座 『下水道:計画・管路施設』     講師:武井様
  7月10日第3回講座 『上水道:計画・管路・浄水等施設』 講師:北村様
 両先生,ありがとうございました。
 第4回目以降は,9月中旬からの連続講座で合格に向けた仕上げをする予定です。

令和元年6月12日 三水コンサルタント様による技術士一次試験講座

 株式会社三水コンサルタントに勤務されている研究室の大先輩である長島様のご好意により,技術士一次試験対策講座の第一回目を開催しました。
 会の初めに長島様のご経験をもとに,熱いメッセージ(叱咤激励!)をいただき,また長島式解答ノウハウも披露して頂きました。
 続いて,吉見様に適性科目の過去問をもとに,解答に当たって考えるべきことや必要な知識について,丁寧な解説とご指導をいただきました。

 ご参集いただきました7名の株式会社三水コンサルタントの皆様,誠にありがとうございました。

 なお,本講座は,小沼研および吉田研との共同開催です。

令和元年5月22日 オルガノ株式会社勤務小嶋君による海外業務経験談

 中国で長く業務を行ってきた小嶋君に,海外で働くことの実際,意義と苦労などについて話をしてもらいました。途中からは,いつものようにビールを飲みながら…。海外での生活経験が,今後の人生をより豊かにしてくれると確信しているように感じました。

 小嶋君は前身である田中和博研究室を卒業し,オルガノ株式会社に勤務され,現在に至っています。

平成31年4月14日 大学院研究交流会開催(千葉工業大学村上研究室)

 千葉工業大学村上和仁研究室と2回目の大学院研究交流会を開催しました。

 開始当初から飲食自由(もちろんお酒もOK)!和気藹々とした雰囲気の中,村上研院生4人と日大側から院生1人が発表しました。学生さんの口も滑らかとなり,とても有意義な議論ができました。

 『おユキ』さんから『FLO PRESTIGE PARIS』のケーキの差し入れもありました。とても美味しかったです。ありがとうございました!

平成31年4月5日 福島産土着藻類による燃料生産実証事業の見学

吉田先生のご紹介で,福島県南相馬にある『福島産土着藻類による燃料生産実証事業』の施設を見学してきました。写真等は掲載できませんので,施設の詳細はリンクを見てください。
https://algae-consortium.jp/2018/07/2982

平成31年3月9日 高橋啓太君,第53回日本水環境学会にて発表

 山梨大学で行われた第53回日本水環境学会年会にて,修士2年の高橋啓太君が3月9日に研究発表を行いました。残念ながら所用により私は参加できなかったのですが,参加した先生方によると,発表および質疑共に大変立派な発表だったとのことです。

 発表タイトル
 『分画的アプローチによる硝化細菌共存下における ポリリン酸蓄積細菌によるN2O生成の定量的評価』

平成31年2月25日 修論発表会(菊池君,髙橋君)

 修士2年生の菊池尉了君と髙橋啓太君が無事に修論発表会を終えました。

 菊池尉了君
 『溶存酸素および亜硝酸の影響を組み込んだアンモニア酸化細菌の亜酸化窒素生成を表現する数理モデルの開発』

 髙橋啓太君
 『分画的手法を用いた硝化細菌共存下におけるポリリン酸蓄積細菌のN2O生成特性の評価』

 発表後はご指導をいただいた小沼先生と吉田先生も一緒に,恒例(?)の『肉の万世』に繰り出して慰労会を行いました。

平成31年2月16日 卒業研究最終発表会

平成31年1月15日 研究施設見学(藻類培養&N2O対策)

 本研究室卒業生の松橋君(国土技術政策総合研究所)の案内で,土木研究所で行われている藻類培養に関する実験設備及び国土技術政策総合研究所で行なっている亜酸化窒素(N2O)生成抑制に関する実験設備を見学しました。また,同じく卒業生の瀧本君の案内で,交通試験路の見学もさせて頂きました。

 更には,日頃からお世話になっている国土技術政策総合研究所下水処理研の皆様を交えて,楽しい夜を過ごしました。

 皆様,ありがとうございました。

平成30年12月27日 卒業研究中間発表会

平成30年12月15日 卒業研究交流会(千葉工業大学村上研究室)





教員(齋藤利晃)の紹介