グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学科紹介

ホーム  > トピックス  > Bridge 工房 加須市の橋梁点検&清掃で維持管理を学ぶ

Bridge 工房 加須市の橋梁点検&清掃で維持管理を学ぶ

埼玉県加須市は,江戸時代から利根川の東遷事業で,東西方向に無数の河川や水路が構築された場所で,人口11万人,133.3㎞2の面積の中に,1107橋という橋を有する橋梁保有行政としては,日本でトップクラスです.
理工学部土木工学科では,2017年から加須市と橋の維持管理の共同研究を実施しており,加須市の橋梁を調査しました.その結果,北西方向から空っ風という季節風が吹き,周辺の田畑からこの風から土が舞い上がり,橋の上に堆積し,草が発芽していることが解りました.この土の影響で,橋のジョイントや排水溝が詰まり,地震発生時に,橋の機能が働かないなどの課題があることが解りました.
そのため,Bridge工房が,2018年から橋梁の簡易点検&清掃作業を企画・実施しており,実際の橋の維持管理を学んでいます.
今年は,11月10日に実施され,参加者は,ブリッジ工房から44名,土木工学科構造・デザイン室から18名,地元のNPOから4名,加須市役所2名,総勢68名で簡易点検&清掃作業に臨みました.この日の作業は,約4時間で66橋を行いました.2018年20橋,2019年66橋,今後5年間で,400橋を目標に行われています.
作業終了後,グリーンファーム加須でNPO,協賛企業の方と共に,秋晴れの空の下で,昼食会を行いました.