グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学科紹介

ホーム  > 土木の世界

土木の世界

私たちの何気ない一日。 電気、水道、道路、電話、トイレ…どれが無くても生活が困ります。 実は、様々な場面で、日常の生活をしっかりと支えているのは「土木の力」によるものです。 ここでは、皆さんに「土木の力」をご紹介します。 土木の仕事は、日常生活を災害から守り、生活を快適にし、国を豊かにする仕事です。 人の生活を楽しく、まちを元気に、自然を豊かに。 人を支え、まちを支え、自然を支える。 支えることに魅力を感じたら、さあ「土木の世界へ」へ。

カラン、 コロン。
歯ブラシが、 グラスの中で回った。
口をすすいだ水が、 排水溝から消えて行った。


食卓には、暖かい食事が用意されていた。
新聞を見ながら、今日のニュースに目を通した。
TV にスイッチを入れ、天気予報を見る。
竜巻が発生し、夕方には、ゲリラ豪雨か…。


携帯電話を充電器から外し、カバンに入れる。
カバンの中の書類、財布、定期を確認して、
「行ってきます」と、家族に言葉をかけて家を出る。


アスファルトの道路が眩しい。
周辺の木々の葉が、 風に揺れながら優しく目に入ってきた。


四季を通じて様々な花が咲く公園だ。
子供が小さいときは、よくキャッチボールをした。
大地震のときは、この公園で家族と待ち合わせることにしている。


いつもの駅に到着し、
いつものプラットフォームでいつもの電車を待つ。
定刻通りに電車が来て、いつもの車両に乗り込む。
駅員の笛が鳴り響く。ピィピー。


お茶の水では、聖橋が出迎えてくれた。
神田川に映り込んだ聖橋も美しい。
神田川の斜面には、新緑の草が繁茂していた。


午後の打ち合わせが早く終わり、となりの駅まで、荒川を散歩した。
荒川はキラキラと輝いていたが、橋の付近では水の流れが変化していた。
日曜日も晴れてくれないかな。
そんなことを考えながら、駅に向かった。


次の駅からは、東京湾が見えた。
大きな船が着岸している。
一瞬にして曇り、夕立が来そうな気配である。
天気予報は、正しい?


最後の打合せも終わり、東京の夕日を眺めている。
人が創り出す都市、すごい力だ。
今日、この東京では、いくつものドラマがあったのだろう。
成功した人、怒られた人、くじけそうな人、励ましている人、いろいろな顔が今日の東京を創っている。


人は弱い動物である。
みんな、支えられて生きている。
そう、料理の名脇役として、料理を支えるワインのように、
人々の生活をそっと支える仕事をしてみたい。